サービス高齢住宅・訪問介護

サ高住と住宅型有料老人ホームの違い

近年多様化する高齢者住宅の中で人気があるのが、サ高住(サービス付き高齢者住宅)と住宅型有料老人ホームです。
どちらも自立されているシニア向けの住宅です。

サ高住は一般的な賃貸住宅に高齢者の方が安心して住めるようにバリアフリー設備を整え、
様々な生活支援サービスを受けることができるようになったシニア向けの住宅のことで、
住宅型有料老人ホームは、主に介護を必要とするシニアの方が介護や生活支援を受けながら居住する介護施設を指します。

サ高住はあくまで賃貸住宅であるため、介護施設である住宅型有料老人ホームに比べて自由度の高い暮らし送ることができるのが特徴です。

しかし、近年はサ高住でも有料老人ホームと遜色のないサービスを提供しているところもあり、
施設のあり方が多様化しているため、実際にサービスを利用する際には、施設を見学して提供されているサービス内容をしっかり吟味し、
今のご自身の状況や暮らしと照らし合わせながら選ぶことが大切です。

サービス内容

あじさいのもりでは、京都府京田辺市でサービス付き高齢者住宅「あじさいのもり京田辺」を運営しています。
小さな気配りを大切にするきめ細やかなサービスで、入居者様が笑顔で過ごして頂けるように施設を運営しています。

また、入居者様に笑顔で過ごしていただくためには、スタッフと入居者様との日々の関わり合いが大切だと考えています。
心身の些細な変化に気づけるように、普段から入居者様ひとりひとりと親身になって接しています。
独り暮らしの不安、病気の不安、介護の不安など、お悩みがありましたらお気軽にご相談くださ

あじさいのもり京田辺の特徴

温もりのある木造建築

あじさいのもり京田辺の大きな特徴の一つが、「木造建築」であることです。入り口のエントランスは陽の光が明るく、木独特の温もりも相まって居心地のよさを与えてくれます。もちろん、お部屋の天井にスプリンクラーを設置するなど火災対策も万全です。

徹底したバリアフリー設備

高齢者の方でも安心して暮らせるように、建物は完全バリアフリー構造で24時間365日スタッフが常駐。そして、お部屋やトイレなど各所にはナースコールを設置しておりますので、万一のときでも安心して過ごすことができる環境です。

可能な限り予算を抑えたご負担

サービス付き高齢者向け住宅は、一般的なアパートと同じ賃貸住宅になりますので、一般的な住宅型有料老人ホームに比べて可能な限り費用を抑えた入居ができます。できる限り負担が少なくなるよう無駄なサービスを無くし良心的な価格設定にしております。

どんなことでもお気軽に相談

入居者様が安心して暮らせるようにスタッフと入居者様との関わり合いを大切にしています。どんなことでも気軽に相談していただけるように気を配っていますし、オーナー自身も利用者様の入浴やお掃除のお手伝いもさせて頂いておりますので、何かお困りのことがございましたら、何時でもお気軽にお声掛け頂きご 相談ください。